ストレートネックでお悩みの方へ

  ストレートネックでよくあるお悩み

  • 慢性的な
    肩こりが
    つらい

  • 首が
    回らなく
    なった

  • 頭痛や
    めまいを
    感じる

  • 姿勢が悪く
    猫背が
    気になる

ストレートネックは現代人に多くみられる身体のゆがみです

原因不明の頭痛肩こりなどでお困りではありませんか?

もしかしますと、その原因はストレートネックの可能性があります。

 

ストレートネックは首の生理的弯曲が失われ、
首や肩の筋肉に過度の負担がかかっている状態になります。

 

長時間のパソコンやスマホの使用による前かがみ姿勢が主な原因であるといわれており、

現代人に増えつつある症状の1つです。

 

ストレートネックは頭痛や肩こり、めまいなど
さまざまな不調につながることで知られています。

ストレートネックで
お悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

ストレートネックについてご存知ですか?

ストレートネックは現代人に多いお悩みの1つです。
しかし、ストレートネックといってもどのような状態、症状なのか詳しく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ストレートネックの状態や症状、原因についてご紹介します。

 

【ストレートネックの状態】

 

通常、首の骨は前方に緩やかなカーブを描いています。
この首のカーブは生理的弯曲と呼ばれており、正常な場合は30度~40度程度傾いています。

生理的弯曲には、頭の重さを背骨全体に分散させる役割があるといわれています。

ストレートネックとは、その生理的弯曲がなくなり、首の骨が真っ直ぐになっている状態になります。

 

【ストレートネックの症状】

 

ストレートネックになると前方への弯曲が失われてしまうため、頭部が前に突き出したような姿勢になります。

すると、頭を首や肩だけで支えることになり、頚椎をサポートしている筋肉に極度の負担がかかり、さまざまな症状が現れるといわれています。

 

次にストレートネックの主な症状についてご紹介します。

・首の痛み
・肩こり
・腰痛
・手足の痺れ
・頭痛

ストレートネックが進行すると、ゆがんだ頸椎が周辺の神経を傷つける恐れがあり、首や肩だけでなく全身にさまざまな影響を及ぼすといわれています。

 

【ストレートネックになる原因】

ストレートネックの原因には、先天的な要因と後天的な要因が挙げられます。

■先天的な要因

何らかの原因で生まれつき首の骨にゆがみが生じていた場合、ストレートネックになることもあります。
しかし、先天的なストレートネックはごくわずかだといわれています。

 

■後天的な要因

ストレートネックの原因の多くは後天的だといわれています。
後天的な要因として考えられる一例をご紹介します。

 

・姿勢の悪さ

長時間のデスクワークやスマホの使用によって前かがみ姿勢が続くと、首の位置を正しい位置に保つことができず、ストレートネックを招きやすいといわれています。
身体全体のゆがみがストレートネックにつながります。

 

・枕の高さ

枕の高さがあっていないと首にある後頭筋が緊張して硬くなり、首の柔軟性が失われてしまい、ストレートネックを悪化させるといわれています。

ストレートネックを防ぐための日常生活での対策

ストレートネックは慢性的な症状を招く原因になります。
ストレートネックを対処するためには、姿勢の改善や自分に合った枕の使用など日常生活でおこなえる対策を続けることが大切です。

 

【ストレートネックの対策】

 

・姿勢を改善する

長時間の前傾姿勢は首に負担がかかるため、ストレートネックの悪化につながります。
前傾姿勢を避け、正しい姿勢を心がけましょう。
正しい姿勢のポイントは次のようになります。

・椅子に深く腰掛ける
・足を床にしっかりつける
・重心を後ろに置く
・おへその下に力を入れる

 

しかし、正しい姿勢を意識していても、段々と姿勢が崩れることがあります。
適度に休憩を挟んだり、ストレッチを取り入れたりするなどして、こまめにリセットするように心がけましょう。

 

・まくらを変える

まくらの高さが合っていないと、睡眠時に首に負担がかかり、知らず知らずのうちにストレートネックを悪化させる原因になります。
理想的なまくらは、仰向けの際に背骨が緩やかなカーブを描くくらいの高さになります。
まくらは寝返りしても頭が乗っており、肩先まで支えることのできる大きさのものを選びましょう。

睡眠は疲れた身体を回復させるための大切な時間です。
自分に合った枕を使うことで、首への負担の軽減につながるだけではなく、睡眠の質が高まることで身体の疲れも取れやすくなるため、コリや痛みが緩和する効果が期待できます。

 

・カバンの持ち方を見直す

ストレートネックの場合、肩や首に過度の負担がかかっていますので、少しでも負担を軽減し、症状を緩和させることが大切です。

カバンを同じ側で持つくせがあると、筋肉に偏った負担がかかり、首や肩のコリを悪化させることにつながります。
こまめに左右に持ち変えるか、リュックサックを使用するなどして左右の筋肉をバランスよく使うように心がけましょう。

もあい鍼灸整骨院【ストレートネック】に対するアプローチ方法

頭痛・肩こり・だるさ・神経痛など、首肩周りの症状は「ストレートネック」が原因かもしれません。

ストレートネックとは、前方にカーブしている首の背骨が真っすぐになっている状態をいいます。

人の身体は、頭、背骨、骨盤でバランスを取る事で姿勢を維持しつつ、動かすことができています。
そして頭にある脳からは、脊髄神経が背骨の中を通って骨盤まで伸びています。
脊髄神経は身体の情報をやり取りする大事な通路で、背骨はその神経を守っています。

 

 

背骨は頸部(首)、胸部(背中)、腰部と分かれており、S字カーブを描くことで負担を分散しています。
特に首は4~5㎏ある頭を前方にカーブをしながら支えています。
そのカーブが真っすぐになることで負担が分散できなくなり、上手く支えたり動かすことが出来なくなります。

また神経の通路が狭くなることで情報が伝わりづらくなります。

そんな状態が続くと、筋肉が硬くなり、血液循環も悪くなればさまざまな症状が出てきます。

当院では、ストレートネックにより硬くなった筋肉を筋筋膜調整鍼灸施術でのケアだけでなく、骨格矯正により姿勢バランス、特に首のカーブを本来の状態に近づける事をポイントにして施術をしています。

著者 Writer

著者画像
磯野 裕司(イソノ ユウジ)
生年月日:1979年11月20日 
血液型:A型 
出身:茨城県
趣味:お酒を楽しむ・古武道 
得意な施術:骨格矯正・自律神経調整 

【患者様へ】
自分で実践している健康法やお悩みの問題解決までサポートしていきます。よろしくお願いします。 
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:もあい鍼灸整骨院
住所〒184-0002 東京都小金井市梶野町5-5-1 Dフラワー1階 東号
最寄:JR中央線 東小金井駅北口から徒歩1分
駐車場:提携駐車場あり
タイムズ、パークジャパン 合計16台 割引チケット配布
                                 
受付時間
9:00〜
20:00

9:00~12:30/
17:00~20:00

9:00~17:00
×
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日(偶数月→終日休診)(奇数月→午後休診)

【公式】もあい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント もあい鍼灸整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】もあい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント もあい鍼灸整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】もあい鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中