スポーツ外傷・スポーツ障害

当院にスポーツ外傷・スポーツ障害で
ご来院される方のお悩み

  • サッカーをしていて足を挫いた

  • 接触プレーで肩を痛めた

  • スポーツ中にケガをした

  • 転倒してから肘や肩が痛む

スポーツ外傷・スポーツ障害の詳しい内容とは?

スポーツで起こるケガには、同じ動作を繰り返しおこなうことで身体にダメージが加わる「スポーツ障害」急激に強い力が加わることで起こる「スポーツ外傷」があります。

スポーツ障害・スポーツ外傷が起こった際は、早期にRICE処置を講じましょう。

 

【スポーツ障害とは】

 

スポーツ障害とは、同じ動作を繰り返しおこなうことによって、関節や靭帯、筋肉に過度の負担がかかり、痛みなどの慢性的な症状が現れる障害のことです。
スポーツ選手だけでなく、日常の何気ない動作の繰り返しで発症するケースもみられます。

スポーツ障害の症状や原因には次のようなものがあります。

 

・内側側副靭帯損傷

野球肘とも呼ばれている肘の損傷です。
投球などの動作が原因となって肘の靭帯がはがれたり、断裂したりすることで肘周辺に痛みや腫れが発生します。

 

・オスグッド

オスグッドは、筋肉と骨の成長のバランスが整っていない成長期の子どもにみられる膝関節の症状の1つです。
跳躍やボールを蹴る動作によって、膝の皿の下にある脛骨結節が突出し、痛みや腫れ、熱感をもたらします。
テニスやバレーボール、サッカーなどのスポーツをおこなう子どもに多いといわれています。

 

詳細はこちらクリック

 

【スポーツ外傷とは】

 

スポーツ外傷とは、急激な衝撃が身体に加わることで組織に起こる損傷のことです。
主に、骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷などが挙げられます。

 

■骨折

外部から強い衝撃が加わると、骨折を招く場合もあります。
骨が折れた状態は完全骨折、ヒビが入った状態は不全骨折と呼ばれています。

主な症状としては、痛みや腫れ、患部の内出血です。

※骨折のなかには、「疲労骨折」と呼ばれる骨折があります。
この疲労骨折は、外部からの衝撃ではなく、骨への繰り返しの負荷により発生します。
繰り返し同じ部位に負荷が生じることで骨にヒビが入り、次第に完全に折れてしまうこともあります。
短期間での集中的なトレーニングの際に起きやすく、特に腓骨や脛骨、中足骨など足の骨に多くみられます。

 

■脱臼

脱臼は関節が外れて骨の位置がずれてしまっている状態です。
脱臼は、完全に関節が外れている「完全脱臼」関節がわずかに接地している「亜脱臼」の2つがあります。

スポーツの中では、接触することの多いラグビーやバスケットボールなどで発生することが多いです。

また、脱臼はスポーツ時だけでなく、日常生活での転倒などでも起こりやすいといわれています。

 

■捻挫

捻挫は足関節を内側にひねることで関節を支えている靭帯や関節包に損傷が生じている状態です。

捻挫の程度は次の3つに分類されます。

 

・1度捻挫

靭帯が伸びる程度の比較的軽い損傷

 

・2度捻挫

靭帯の一部が断裂した状態

 

・3度捻挫

靭帯が完全に断裂した状態

 

■挫傷(肉離れ)

挫傷は目に見えた異常はないものの、皮膚の皮下組織に損傷が生じている状態のことです。
肉離れは別名筋挫傷と呼ばれており、挫傷の1つです。

急なダッシュやジャンプなど筋肉の強い収縮を伴う動作の際に、その負荷に耐えきらず筋肉が裂けてしまうことがあります。
その原因としては、疲労の蓄積やウォーミングアップの不足、加齢による筋肉の衰えなどが挙げられます。

 

詳細はこちらクリック

スポーツ障害・スポーツ外傷の対処法と予防法

スポーツ障害・スポーツ外傷が起こったら、早期にRICE処置POLICE処置などの応急処置をおこなうことが大切です。
そして、再び繰り返さないようにウォーミングアップストレッチをおこない、予防に努めましょう。

 

【スポーツ障害・スポーツ外傷の対処方法】

 

次に代表的な応急処置とその内容についてご紹介します。

 

■RICE処置

RICEはRest(安静にする)、Icing(冷却する)、Compression(圧迫する)、Elevatiou(挙上する)の頭文字をとったものです。

 

 

・安静にする

筋肉や関節を動かさずに安静にすることで、腫れや痛みの拡大を予防します。

サポーターやコルセット、車椅子などを活用し、極力動かさないように心がけましょう。

 

・冷却する

冷やすことで血管が収縮し、腫れや炎症のコントロールをおこないます。
過度の冷却は霜焼けを招く原因になるため、冷やす際は直接氷水や保冷剤を当てるのではなく、タオル越しに当てるようにしましょう。

 

・圧迫する

テーピングなどで圧迫することで、出血を抑え、腫れを防ぎます。

 

・挙上する

患部を心臓よりも高い位置に掲げることで、血行を穏やかにし、腫れを防ぎます。

 

■POLICE処置

RICE処置はスポーツ障害・スポーツ外傷の基本となる応急処置です。
しかし近年、過度の固定や安静は回復を遅らせる原因につながることが分かってきており、Rest(安静)を、Protection(保護)とOptimal Loading(最適な負荷)に置き換えたPOLICEという考え方が主流になりつつあります。

POLICEで施す処置は次の通りです。

 

・保護する(Protection)

三角巾やシーネなどで損傷部分を保護し、再び損傷が起こることを防ぎます。

 

・最適な負荷をかける(Optimal Loading)

早期に最適な負荷をかけることで血行を促進し、患部の組織修復を促すことが目的です。

 

【スポーツ障害・スポーツ外傷の予防方法】

 

スポーツ障害・スポーツ外傷を未然に防ぐ方法についてケガの種類ごとにご紹介します。

 

・足関節捻挫の予防方法

足関節の捻挫はサッカーやバスケットボールに多くみられるスポーツ外傷の1つです。
足関節の捻挫を予防するにはバランス感覚を鍛えるトレーニングや足首周りの筋力の強化が有効だといわれています。

 

・内側側副靭帯損傷(野球肘)の予防方法

投球の動作を反復する回数が増えるにつれ、内側側副靭帯損傷のリスクが高くなります。

内側側副靭帯損傷を防ぐには、上肢の負担を軽減することが大切です。
上肢の負担を減らすためには、投球動作を模した肩甲骨や体幹、骨盤のトレーニングが有効だといわれています。

その他のスポーツ障害・スポーツ外傷を防ぐためにも、ウォーミングアップをおこない、正しい身体の使い方を覚えるためのトレーニングを取り入れましょう。

もあい鍼灸整骨院【スポーツ外傷・スポーツ障害】

当院のスポーツ外傷・スポーツ障害施術は、早期回復を目指しています。

痛みの改善に加えて疼痛予防のセルフケアも徹底しておこないます。

スポーツ障害を起こす方は身体を上手に使えていない事が多いため、筋力や可動域検査で問題解決や再発防止のための具体的な提案もしていきます。


患者様が早く競技復帰できるために実現可能で納得できる施術プランを提供します。

また、エコー検査も可能で骨折や疑いがある場合は近隣の提携している整形外科をご紹介させていただきます。

施術は検査で使えていない筋肉に対して神経を通して筋力を上げたり、姿勢を整えてベースコンディションを良くしていきます。

そのうえで痛みを出しているであろう筋肉や組織に対して介入した刺激を入れていきます。
その際、競技復帰を早期に望む場合は、施術の刺激は強くなりますが疼痛改善効果は高くなります。

いつまでも健やかにお子さんやご本人がスポーツに取り組めるよう全力で施術させていただきます。

よくある質問 FAQ

  • 施術後はすぐに競技復帰できますか?
    施術後復帰できる場合もあれば、休ませなければいけない場合があります。

    復帰目安も添えてお伝えいたします。
  • ケガをしてから大分時間が経っていますが施術対象ですか?
    はい、可能です。

    あきらめていた、当たり前だと思っていた痛みが取れて喜んでいただく方が多くいらっしゃいます。
  • 安静にしていないと治らない、といわれたのですが施術でよくなりますか?
    障害が骨まで及んでいるかそうでないかで変わります。

    骨まで及んでいなければ施術で今までより良くなる方が多くいらっしゃいます。

当院からのお知らせ

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:もあい鍼灸整骨院
住所〒184-0002 東京都小金井市梶野町5-5-1 Dフラワー1階 東号
最寄:JR中央線 東小金井駅北口から徒歩1分
駐車場:提携駐車場あり
タイムズ、パークジャパン 合計16台 割引チケット配布
                                 
受付時間
9:00〜
20:00

9:00~12:30/
17:00~20:00

9:00~17:00
×
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日(偶数月→終日休診)(奇数月→午後休診)

【公式】もあい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント もあい鍼灸整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】もあい鍼灸整骨院 公式SNSアカウント もあい鍼灸整骨院院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】もあい鍼灸整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中